[ホームページに戻る]
『くじらの国』のお話

誠に恐縮ですが、ご訪問の際はできるだけ足跡を残して下さいネm(__)m

今日:2 昨日:1


youtubeより簡単!メールを送信するだけで動画が掲載できる地域別掲示板


[ 08/11/21 スパム(宣伝等の大量書込)対策を強化しました。 ]
[主に携帯でご利用の場合には返信無し設定をお薦めします] [新しい掲示板を作る] [新しいチャットを作る]

名前
メール
URL
題名
内容
※ 名前と内容は必須です。タグは使えません。改行は有効です。
削除キー
※ 発言削除用のパスワード。書かない場合発言の削除ができません。
  名前、メール、URL、削除キーをブラウザに記憶させる
全7件 【No.130-108】 : [最新10件] [先頭です] [末尾です] [検索モード

No.130 (12/19 11:15)   クジラの顎の骨?
名前:主体を知りたい
メール:
URL:

管理人様、初めまして。
くじらのい・ろ・は、楽しく拝読させて頂きました。
実は、家に正体不明品(骨?牙?歯?)の物があり、その正体を知りたくて
ネットで調べている内に御社のサイトにたどり着きました。

正体不明品の写真です。(660mm×115mm×75mm 1380g)
http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/c/coonel/20161219/20161219110212.jpg
両サイドに突起と穴が空いており、ザラザラしています。

もし、おわかりの事がございましたらご指導頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。


[Re.1] >管理人(12/19 17:21)> 誠に、申し訳ございませんが、わかりません。加工されているようで、こうなってしまえば、全くわかりません。

返信:名前  ひとこと 削除キー 

No.128 (07/03 15:24)  
名前:昔の思い出
メール:
URL:

私は佐世保生まれです。

40年前の小学生のころ、時々平戸口の港まで汽車やバスに乗って
魚釣りに行きました。
港の海はきれいでしたね。

皆様のお店の住所を見て、とても懐かしく思います。

あの当時、佐世保の町で、曾祖母らと時折通った鯨肉店の記憶と
そのお店で買って食べたいろいろな味の記憶が湧き上がってきました。

今晩の味は、昔、食べた味よりも何だかおいしいような気がします。

これから、当分の間はそちらから送っていただいた商品を少しづつ楽しみながら食べます。

おいしいタイムカプセルをありがとうございます。


返信:名前  ひとこと 削除キー 

No.127 (12/11 15:04)   『くじらフェア』
名前:くじらファンの一人より
メール:
URL:

給g善商店 御中
 皆様方

 突然ですが、会社の昼休みに見ています
先日12月5日お邪魔させていただき、少しですがお土産に頂きました
子供から平戸に行くなら『くじらフェア』をやってるから鯨の尾の身を買ってきて!と言われホテルでお店を探したところフェアのパンフレットで吉善商店さんを見つけました

お店でお聞きしてさすがに尾の身は購入できませんでしたが、他部位を少し頂いて帰りました
子供の頃祝い事には必ず鯨が出ていましたが、最近は全然食べることができませんでした
食べてびっくり!!おいしかったぁ〜!懐かしかった〜!
そういえば、裏の市場で買った立田揚げとコロッケもおいしく頂きました

私、熊本なので通常馬刺しが付き物ですが、『年末年始は鯨がまた食べたいなぁ〜』っと妻に聞こえるように独り言を言っています
その節は、宜しくお願い致します

 お店の繁栄と皆様方のご健康をお祈りいたします
くじらファンの一人より


[Re.1] >管理人(12/14 17:13)> 投稿ありがとうございます。又、身に余るお褒めの言葉、ただただ、恐縮するばかりです。又のお越しを、心よりお待ち申し上げております。

返信:名前  ひとこと 削除キー 

No.126 (04/13 19:22)   いつもおいしいクジラをありがとうございます
名前:ながい
メール:h-nagai@ares.eonet.ne.jp
URL:http://www.eonet.ne.jp/~nagai/

いつもおいしいクジラをありがとうございます。

松島出身の長井です。

同郷の方々に時々クジラを味わっていただき喜んでいただいています。
先日は瀬戸出身の水彩画家井手孝さんに食べていただきました。
 http://idetakashi69.web.infoseek.co.jp/

本日の注文は松島のお寺さんの同級生に送るものです。

3月14日にツアー旅行で久しぶりに平戸へ行きました。
生月島、唐津、壱岐と楽しい旅行でした。
吉善商店へも寄りたかったのですが、ツアーでは無理ですね。
 http://www42.tok2.com/home/h-nagai/today%20photo/1203/120317.htm

私の先祖は300年ほど前から松島のクジラ獲りでしたので、クジラがきになり
ます。


[Re.1] >管理人(04/18 16:06)> 長井様、ご訪問ありがとうございます。昔から、五島列島も捕鯨の町として栄えてきた歴史があります。私も、五島列島の鯨の歴史探訪に行きたいものです。

返信:名前  ひとこと 削除キー 

No.111 (02/18 12:20)   ノルウェー、アイスランドとの協力関係
名前:生粋の日本人
メール:
URL:

今年の調査捕鯨を中止したと聞きました。

しかも、反捕鯨(と言う名の有色人種差別)団体は、来年また日本が捕鯨をするなら妨害を更に過激にすると言っているらしいですね…。

もう、これを機に、同じ捕鯨国の代表、ノルウェー王国とアイスランド共和国と協力関係を深めた方が良いかと思います。(出来るのなら同盟など…)

捕鯨関係無しにもノルウェー王国との協力関係は大事でしょうし(外交の仕方はノルウェーを見習った方が良いかと。)、アイスランド共和国とも…。

とにかく、これからはノルウェー、アイスランドとの関係は大切になるでしょう。


[Re.1] >管理人(02/22 16:33)> ご訪問、ありがとうございます。この問題は、私たちにとっても大変腹立たしい行為だと思います。  おっしゃる通りノルウェー、アイスランドはうまくやっていると思います。ただ、日本とノルウェー、アイスランドの捕鯨と決定的に違うのは、彼らは、自国の領海での捕鯨であるのに対して、日本は、南極海まで出て行っての捕鯨であるということです。反捕鯨国で最も強行なのは、オーストラリアです。オーストラリアとは、捕鯨問題以外は、極めて良好な関係にあるようです。捕鯨問題に関して、日本が強行な姿勢をとってまで、良好な関係を崩したくないのが今の日本の姿ではないでしょうか?

返信:名前  ひとこと 削除キー 

No.110 (12/16 20:57)   本日到着しました。
名前:加瀬希世志
メール:
URL:

マッコウクジラ歯LLを注文した者です。
本日無事に到着しました。
歯を握り締めながら、このマッコウクジラがこの歯で何を食べ、何を思い生きたか思いを馳せています。
今後も覗かせていただきますのでよろしくお願いします。

[Re.1] >(有)平戸口 吉善商店(12/21 17:13)> 加瀬様、この度は、ご注文いただき、誠に、ありがとうございました。 現在、マッコウ鯨は正式には捕獲しておりません。(一部、北西太平洋調査捕鯨により、コマッコウという小型のマッコウ鯨は捕獲されています。) 今回のマッコウ鯨の歯は、商業捕鯨全盛時代の、かれこれ50年以上も前の貴重なものです。

返信:名前  ひとこと 削除キー 

No.108 (06/25 12:12)   現在何時でも現状をお聞かせ戴けますか?
名前:神林敏夫
メール:t.kam0505@ozzio.jp
URL:

昭和23年〜25年頃、食糧難の時代東京から縁有って和田町に伺い、大学生の夏休みアルバイトで鯨に携わりました。和田町では古くからの伝統文化である事を其の時知り、感激しました。今、日本の捕鯨が世界で問題視されています。近海で漁村が捕獲して伝統文化を継承するのに、本来は胸を張って遣るべきです。私は、現在82歳ですがまだまだ健康で外国や経団連の幹部、代議士も保守本流の方達と交流しています。3月はインドネシア政府高官達と面談して来ました。彼らには彼らの他民族文化が島々で生きています。和田町の文化も堂々と続けて行かれる日本で無ければいけないと思います。(南極は別)一度60年振りに和田町を訪ねたいと思います。昔は、<ぶんとこ>さんと呼ばれた人や<平八)さんと言う人等が自宅に泊めて鯨漁のアルバイトをさせて呉れました。今は、和田町役場をお尋ねすれば、色々話を聞かせてくれるのでしょうか?ニュースを見ていて和田町の昔を思い出しました。以上

[Re.1] >(有)平戸口 吉善商店(06/25 16:57)> ご訪問、ありがとうございます。 捕鯨に関しては、中々難しい問題を含んでいますので、軽々には言えませんが、私も、日本は周りを海に囲まれ、縄文時代の頃から、鯨と関わってきています。日本の食文化を堂々と発言するべきだと思います。その点、捕鯨に関して、日本政府は、各国に独自の主張を発信し続けております。日本の主張は私も正しいと思います。

返信:名前  ひとこと 削除キー 

全7件 【No.130-108】 : [最新10件] [先頭です] [末尾です] [検索モード

発言削除:No.-Re.  削除キー又はパスワード: 

スマホ・パソコン・携帯に対応した使いやすい動画対応ミニブログ。

 Powered by and Allrights reserved 2000.